投稿

2020の投稿を表示しています

Macを買ってmikutterを入れたときのメモ

イメージ
おひさです。転職したら前よりお金が入るようになったのでMacBook Air (2020)を買ってしまいました。さて、新しいマシンを買ったときにすることと言えば、mikutterのインストールですね! 買って半年くらいしてそろそろやるかという気持ちになったので、トライしてみました。前提条件 インストール作業時の私の環境はこんな感じ。先にTissueの開発環境を作ったり、Objective-Cを触って遊んでいたので既に色々入っている。 macOS Catalina 10.15.7Xcode 12.0.1 インストール済homebrew インストール済XQuartz インストール済mikutterのダウンロード私はdevelop版を常用しているので、mikutterのbrew formulaは完全に無視して直接git clone。場所は適当にホームの下のどこかに。作業時に使ったリビジョンはmikutter 4.1.1リリース直前の d97f09b918d92624a4e76fce7d6a17cef9aedb4e でした。依存関係を何とかするmikutterをX無しで使用するのは、地獄というか無理であることがAkkiesoft氏のブログによって知られています。実際試してみたんですが、TLのレンダリングが汚いとか、画像プレビューがまともに描画されないとか、そのウィンドウを閉じたらrubyごとクラッシュしたとか、散々でした。先のブログではMacPortsを使っていますが、私の環境には既にhomebrewが入っています。あまりこれらを共存させたくないので、何とかbrewで押し切りたいところです。幸い、homebrewかつX11での環境構築の資料があひる氏の手によってまとめられています。これをベースに……あああ! homebrewがX11のサポートをやめている!ということで、何とかしてcairoとgtk+をX11サポートでビルドするよう、formulaにパッチを当てました……。まず、cairoはXのヘッダーを参照できるよう depends_on :x11 を追加した上で、configureの部分でXCBとXLibのサポートを有効にします。 system "./configure", "--disable-dependency-track…